自分旅行社 気まま添乗員のひとりごと。

元気になりたい自分探しの旅。

Struggle:パソコン、五月人形、Twitter。本日爆走ツアー決行。

 本日も気まま添乗員はパワー全開で動いております。

このツアーに同行いただくと、

元気パワーが170%チャージできます(笑)

最初はそんなに抱えるつもりはなかったのに、

気がつけば一日ものすごく忙しくて、

疲れるけど充実100点満点。

では皆さん、行きますよ。

 

1.Twitter開始4日目。一度もツイートしていません(笑)

f:id:kotukotumajime:20210515164914j:plain

パワフルに咲く初夏の花たち。

「フォロワー数が増えても、収入にはつながらないですよ」

誰かの文章にドキリとする私。

朝からツイートの人たちの内容、厳しいな。

 

テレビより素早い経済情報が、

先輩たちから流れてくる。

活気がすごい。

ライブでガンガン話し合っている人もいる。

株、政治、世界情勢、

ゲーム攻略?

 

このやり取りを見ていたら、

地上波テレビはもう不必要な時代なのでは。

ネット空間に情報があふれかえっていますね。

 

私は、まだ一言もツイートしておりません。

フォローの仕方、間違えてるのかな。

今はまだ、参考にしたい人のフォロー検索に専念してます。

誰かにからまれても、うまく返せないし~

かといって、

最初から知り合いの、

グループの中にずっと納まっていたら、

日本や世界を相手に仕事できないのです。

 

さあ、どうする?

 

連日、ものすごい量の、

営業トークのダイレクトメールが来ます。

 

「お疲れ様です。頑張ってください」

 

返事のリクエストは、これでいきましょ。

 

自作のYouTubeを見てほしいとか、

自前のブログをフォローしてほしいとか、

公式ラインに登録をとか、勧誘すごいです。

 

それをすることのメリットは?

 

「自分にもできるって自信になります」

よくそう書かれているんですよ。

あのー。

もう行動開始していますから、

そこの情報商材は、

売りつけないでほしいなあ。

 

一人、二人、やっと、

ツイート機能の中で、

 

普通に話ができそうな人が見つかりました。

実際に顔を出して話すことは「ダメ」と、

デジタル世代の子供に念押しされています。

 

今の時点では、また営業だったら困るので、

「お金ないです」

正直に返信しました。

すると、

 

「教えることで自分のスキルの確認が取れるので、

お金はいりません」

「文字数で書くことは大変なので、通話機能で話しましょうか」

こんなに親切に声掛けしてくださっている人でも、

「ちゃんと警戒してね」とうちの子供、

デジタルリテラシーに厳しい。

 

通話のステップになったら、

匿名が使えるzoomになりそうです。

 

これからの副業のこと、

少しアドバイスもらえたらうれしいなと、

私はワクワクしているのですが。

 

2.新型パソコンの設定。ど素人、取り組む。

先日発注した新型デスクトップの設定も、

ブログ以外の機能は整備していないので、

Twitterでやり取り始めるにもいろいろ、あるのです。

昨日散歩していた風景を息抜きにそうぞ↓ ↓

f:id:kotukotumajime:20210515174431j:plain

また散歩に行きたいですね~

英語教室時代に作ったアカウントで、

Skypeが使えるかどうか確認。

 

ヘッドセットが認識されていない。

つまり通話不可能状態。

 

ということは、

例のツイッターの親切な方とのzoom通話も、

できひんやん 汗

Google先生に検索かけて、

原因究明しましょう。

自分で設定しないと、覚えられないですものねえ。

これがものすごく時間かかりました。

 

一方で、スマホにもPCにも、

zoomをダウンロードしましょう。

 

 で、なぜライン通話は「ダメ」なのか、

子供に聞くと、

学生仲間に、知らない人に勧誘されて、

ラインつながりを持ったせいで、

個人情報を盗まれた経験者がいるとのことです。

子供には高校からスマホを持たせましたが、

それなりにネット上のことで苦労をしたようです。

 

中学ではスマホ持たせなくて正解。

ひとりごとですよ。

 

マイクのついたヘッドフォン、

やっと調整できました。

穴にピン入れるだけじゃ、あかんのですね。

「聞こえへん」

「マイク入ってないで」

何回も子供のパソコンとやり取りして、

テストして完成。

 

パソコン屋さんの自作パソコンて、

奥が深い。

(私がアナログすぎるんだな~笑)

 

3.次のメニューは五月人形のお片付け。来年、同じように組み立てできるかしら。

ここに写真置いとくので、

ツアーの皆さんも覚えといてくださいね。

これで私も安心。

f:id:kotukotumajime:20210515182803j:plain

床の間、占領中。

竹雀(たけすずめ)のかぶと、と言います。

人形の制作者は京都の伝統工芸士、

安藤人形店。

他も何件か回ってみたのですが、

金箔の色合いや、

工芸品の細やかな作りが際立っておりました。

 

これも、このかぶとが、

私たち夫婦を呼び寄せたのですよ。

 

このかぶとのルーツは、奈良の春日大社

宝物殿まで、伝統工芸士さんは

実物のスケッチを取りに行ったそうです。

春日大社、ほら、私の家系の、

遠いところに巫女さんがいたという、あれです。

 

では実物をお見せいたしますね。

f:id:kotukotumajime:20210515183726j:plain

現在は修復中らしいです

少し小柄な人くらいの本物サイズですが、

源義経が寄贈したという伝説の品です。

側面にも、背中側にも、

楽しい動物の絵や植物が描かれています。

戦いの道具ではなく、祭事用だったようです。

一般の兜のように、おでこに竜頭がないですね。

 

義経君は、

京風のあでやかな緋色が似合う、

イケメンだったのでしょうか。

 

天気が良いうちに、

解体作業に取り掛かります。

金箔のところは、白い手袋をします。

この時ばかりは、

博物館の司書になりましょう。

 

パワフル予定の一日、いかがでしたでしょうか。

 

介護の期間は外に出せなかった五月人形たち、

今年は無事に出てこられて、

しかもツアーの皆さんに見ていただいたので、

大変喜んでいると思います。

 

爆走ツアーのご参加ありがとうございました。

元気チャージできたでしょうか(笑)

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気まま添乗員の街角トラベル;レンガつくり、町家、本日の京都市内。

 

 大学時代から考えたら、街並みがすごい変わっている、繁華街の中。

撮りたての写真とともに語りましょう。

気まま添乗員より、少々お耳(目?)を拝借。

本日のメニューは、京都市中京区、烏丸御池(からすまおいけ)から、

スタートします。

1.ハローワークのついでに。

御池通から五条少し手前までの烏丸通には、レンガつくりのレトロな建物がたくさん残っております。

f:id:kotukotumajime:20210514143350j:plain

京都市中京郵便局

旧第一銀行など、子供のころにあった、

重厚な金融関係の建物は、

いくつか既にショッピングの複合施設になってます。

 

中京郵便局は隣が、代々木の予備校。

通りの向かいにはランチを案内するおしゃれな居酒屋、ブティックが並んでいます。

このあたり、歩くの、好きだなあ。

新しいファッションビルや、こういうレンガの建物や、

古い京町家の改造されたお店、ごっちゃにある中に自分が歩いている。

 

これが今の京都。

 

烏丸御池ハローワーク、略してハロワさんに、

失業中の書類手続きに行きました。

朝から行列で入り口が開くのを待っている人たち。

中にはバギーに一人、おなかに一人、

子供を抱っこしてくるお母さんもいる。

この中のいったい何人が、

希望の条件の職場を見つけられるのでしょうか。

 

f:id:kotukotumajime:20210514145110j:plain

右側の木を切る切らないで、昔もめていたらしい。

前の職場で体調を壊しメンタルを壊し、

ひどいめにあった~

なんて言っても聞いてもらえないのが現実なので、

自己都合で申請してきました。

3か月は一円も失業保険もらえません。

 

ええのよ。

こっちは既に「次の職場」に向けて準備入っていますので、

体調も戻して巻き返します。

 

がんばれ私。

 

次に行く先は社員ではなく、

週に何回かのパートにしておきます。

残業しない、すぐ帰る。帰って、ブログの記事考えます。

 

自分が楽しいと思うことを副業にしよう。

 

アフィリエイトは命綱ですが、

こればかりは、正直、

皆さんのご協力をいただくしかありません。

 

子供さんの相手はもう体力がないのと、

宿題や教材など一人一人の事前の準備が大変なので、

 

子供英会話教室は、再開はしません。

 

お子さんの英語教育のことで「聞いてみたいこと」がある方は、

お問い合わせフォームにて無料相談どうぞ。

 

今はアクセス少ないから、ゆっくり相談内容を見せていただけますよ(笑)

 

とか言いながら、

本当はご自分が学習したい親御さんも、無料相談どうぞ。

 

今はオンラインで英語圏の人と話せますからねえ。

 

私がプロとして参入はいたしません。

(ドクターX 的にいうときましょ)

返信の内容が複雑で長くなりそうなら、

個人情報を伏せる形で、

ブログ上でも公開回答させていただきます。

 

2.これから本当に自分がしたいことを考えて歩く。

コロナ緊急宣言で休館が相次ぐ京都市内。

承久の乱」イベントは開店休業っぽい。

f:id:kotukotumajime:20210514151948j:plain

京都市文化博物館。やはりレンガ作り

 

私は、「幸せのヒントを見つける手伝い」ができる、

タロット占いで人生の旅先案内人になりたいなあ。。。

 

一人700円ぐらいで考えてます。

 

押し売りはしません。

 

一人一人、丁寧に占い結果の写真も送りたいし。

あくまでも自立のヒントです。

当たっていたとしても、

 

いいことだけ取り入れて。

依存症はオススメしません。

 

 

昨日から、Twitterを開始してみたのです。

大学生の子供がいるので、

さすがのデジタル世代に、

機能についてはアドバイスを受けています。

 

どんだけアナログやねん、わたし。

 

YouTubeで見た、

ブログ運営系の方々のツイートを、

フォローしてみたのですよ。

 

そしたらもう大変なことに。

 

その方々自体は大丈夫なのですが、

いわゆる「フォローさん」たち、

TwitterのDM機能で次々に、

セミナーやら講座やらコミュニティやら、

営業トークを送ってきはる。

 

最初は普通にメール感覚で話しかけてきて、

中には、ご本人の半生を描いたブログまで、

「ぜひ読んでほしい」

送りつけてきはるのです。

正直、困ってます。

有名ブロガーさんいわく、

「ミュート」にするべき方々だそうです。

 

うまいことばっかり言うて、

何十万円も契約する話になるのは、

ホンマに気をつけて考えましょう。

 

見知らぬ人の中へSNSで、

なぜ飛び込むのか?

 

いろんな人がいるけれど、

 

痛い目にもあうけれど、

 

世の中は誰かの仕事で成り立っているって、

(なんだっけ?缶コーヒーの宣伝みたいな)

無人島では生きていけないから。

 

気まま添乗員は本来、人が好きな人間なのです。

 

周りの人には、にこにこ笑って生きてほしい。

わがままでごめんなさい。

 

f:id:kotukotumajime:20210514173242j:plain

むしこまど、低い2階の京町家

御所の近辺はこういう家は減りました。

セキュリティマンションが増えに増えて、

高級ホテルも乱立しています。

三条通四条通の間の、

河原町に歩いて十分ぐらいのエリアに、

間口の狭い京都風の、

でも入ったらすごい超高級のホテル、

ZENとか、見つけてしまった。

 

ここのスイートルームに泊まってる人の、

YouTubeを見たなあ。

 

f:id:kotukotumajime:20210514175519j:plain

ビルの1階「とくら」

ハンバーグの店、「とくら」営業してる、

 

よかった。

 

伏見の本店からここ三条通にも開店したんですよね。

文化博物館のすぐ近くです。

ランチの時間は、予約必要なほどの行列が。。。。

緊急宣言の下では、どうなのかわかりません。

写真は早朝に撮影しています。

 

肉汁が出るおいしいハンバーグの洋食屋さんです。

ハンバーグのサイズによって値段変わるけど、

大きいほうを食べるとご飯、みそ汁、

ドリンク付きで1200円ぐらいかな。

 

本当におなかがすいて食べたいときに行きます。

あと、今日みたいにハロワさんに行ったり

ちょっとストレスなことがあったりしたら、

 

自分の機嫌は、自分でなおす。

 

食べたら幸せになるよ~(太るかな)

 

 

3.昔からあるところ、消えていくところ。

寺町三条と新京極とが交わる場所に、

子供のころからカニがいます。(笑)

f:id:kotukotumajime:20210514181703j:plain

京都本店?初めて知った。

何回も塗りなおして、頑張っておられますな。

この向かい側には、

三嶋亭(みしまてい)という由緒正しきすき焼き屋さんがあります。

(あれ?高級お肉屋さんだな)

 

かに道楽の右側の通りを北上すれば、

本能寺です。

(実際の当時の場所ではないほうです。)

周辺には画廊や新しいスイーツの店が出ていますが、

昔話で、

銀杏の水で町の火事を消し止めたという

水吹きイチョウとお地蔵さまがあるんですよね、

交番のすぐ隣ですが。

 

f:id:kotukotumajime:20210514182735j:plain

朝9時半ごろ撮影。

錦市場はたいてい11時ぐらいからの営業店舗が多いです。

錦通りの一番東の端、

ドンツキ(つきあたり)は新京極通になりますが、

そこには、

天満宮があります。

ご存じ?ここには、湧水がありまして、

小さいですがパワーありますよ。

こちらにお願いして、気まま添乗員は大学合格しました(笑)。

 

個人的には、

北野天満宮とは相性が悪くて、

小学校の「お受験」落ちたのでした。

(いや勉強キライやったやろ、

とツッコミ入る?) 

 

さて河原町三条に出ましょう。

f:id:kotukotumajime:20210514184035j:plain

カトリック教会だと思う。

はるか○○年前、京都市内ではブランドの幼稚園にいた私が、

幼稚園のシスターの引率でよく通った教会です。

まだあったんだ~びっくりです。

左は昔、スパもあったロイヤルホテルでしたが、

とうとう取り壊しされましたね。

工事現場になっています。

 

大学のころは、このホテルの地下のダイニングバーで、

友達とカクテルなど飲みながら、

バブルの時代をオウカしていました。

 

この撮影をしている私の後ろには、

星野リゾートのカジュアルランクのホテルがあります。

 

こんなところに。

東京から来た人のYouTube

最近見ました。

緊急宣言でも観光客、歩いてます、

まばらですが。

どこも閉店・休館状況なのに、

よく来るなあ…………

 

ひとりごとですよ。

 

さて、ここで市バスに乗って帰ります。

バス停一つ北上したら。市役所です。

 

今日はよく歩きました。お疲れ様です。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

  

 

 

 

 

 

 

新しい占いカードとの会話。:自分に合うオラクルカードに出会う旅。

アマゾンで見かけて美しい絵柄に惚れました。

ぜーんぶ、英語のご神託カード。こりゃあ大変。

日常会話には苦労しないけど「祈りの言葉」は、

作者が頭に浮かぶイメージの言語化

描いた画家は絵柄でメッセージ化、しているので。

しばらくは楽しみながら、

お互いに「wim-win」関係になれるように、

このカードたちと語り合います。

きっと、人生の旅に指針を出す「アドバイザー」になってくれることでしょう。

1.「うちに来てもらう」ことになりました。

買うというより、呼ばれている。

f:id:kotukotumajime:20210512132938j:plain

カラフル!目の保養。

「引き寄せ」って、こちらが欲しいものを引き寄せるとき、

使う言葉ですよね、確認ですが。

 

今回は、逆のことが起きました。

 

私が、「呼ばれた」というか。

引っぱられたかな。

 

 

 最初は、私の手持ちのミニチュア版タロットカードがボロボロで、

数十年のうちに使い込むとこうなるのだなあと、

アマゾンのショップを眺めておりました。

 

シャッフル(混ぜる動作です)するのに大判は手におえなくて、

展開(カードを意味ポジションに配置する動作です)する場所も

確保できないことはないけれど、

と考えながら、

 

商品画像を見ているのは、

ウィンドウショッピング的で楽しい時間なのです。

 

YouTubeで占い師さんたちが紹介してくれるカードってこれかなあ」

「これ前に動画見ていて、転職のこと、当たったよな」

 タロットの中に違うカードの画像がまぎれ込みました。

 

え、なに?

視界にアピールしてくるオラクルカードがいる。

中身の拝見したら、一枚一枚、丁寧に色づけされたカードの、

しっくりくる色使い。

ほかの方にはどう映るのかわからないです。

「ほしい、これ」

思わずクリックしてしまいました。

 

ほかにもたくさん種類はありますが。

f:id:kotukotumajime:20210512140530j:plain

箱がまずおしゃれ。

タロットカードとオラクルカードは、違います。

枚数も書かれているメッセージも、

ラクルは様々。

このカードたちは52枚、枚数としては多いです。 

 たくさんあるほうがいいとは限らないですね~

 

英文がカードの上で一つの物語を形成しています。

神様からの、あるいは祈る側からの気持ちの発信内容で、

時に神様からのいい意味での皮肉も入っている。

 

ちょっとした言葉遊びです。

こういうオラクルはほかにもたくさん種類があって、

宝石ばっかり描かれたものとか、

4大要素(日、風、土、木)のエレメントカードとか、

動物(実在・想像上問わず)の描かれたもの、とか、

中には日本の神話の神様のカードもありました。

 

その特徴を生かした文面でメッセージが書かれていますので、

 占う人の好みで決めていいと思います。

 

占ってほしい人が、

「何を占うべきか」イメージしやすいことが一番大事なのですが、

 占うほうも、

「ご神託を引き出す」作業をしやすいものであってほしいです。

 

f:id:kotukotumajime:20210512142309j:plain

箱の中までおしゃれ。大事にしよう

2.一言一句英訳は必要ないんと違いますか。(関西弁)

カード英文は、インスピレーションのかたまり。

最初は、占いの時にすぐに意味が出てこないと困るかなと、

一枚一枚の日本語訳を考えました。

ラクルカードのメッセージは、

時と場合により違う解釈に変わるところが、

タロットとよく似ている点ですので、

「やっぱ、無理に訳すの、ストップ」

 

本来のタロットとの組み合わせでのアドバイスでよいかなと。

 

でも感動しますよ。

例えば一枚、

手に取ってみましょう。

「どこにも行かずして、

なにも得る必要なく、

何も変えなくていい。

欲しがる心を大きくする必要もない。

あなた、そうあなた、自身が”愛””そのものなのだから」

 

一見おかしな訳です。でもこれ、

「自分らしく生きなさい。多くを望まずとも、

それで十分」

ともとれるわけです。

 

ご神託で元気をくれている。

 

The Wild Offering Oracle: A 52-Card Deck on Giving It All to God

The Wild Offering Oracle: A 52-Card Deck on Giving It All to God

  • 作者:Silver, Tosha
  • 発売日: 2018/09/04
  • メディア: カード
 

 どこかの本で、

「未来は自分で勝手に決めていいんだよ」ていう言葉、

ありました。

カードたちを見ていると、

「ほんまにそうやわ」と。

 

何も挑戦していないうちから「できない」なんて、

「こんな自分でもできますか」なんて、

カードたちはそういう人には何も示してくれません。

 

「○○に取り組む予定で準備している」

「転職先を探して面接している」

まず一歩行動した人に、少しだけ背中を押してくれるのです。

カードたちは気に行った人には、

幸運まで持ってきてくれます。

 

さあ、まずはオラクル君たち、

初めまして。私と語ろうか。

楽しんで、一緒に未来を明るく描こう。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 

 

湯村温泉おばあかふぇに一人旅で立ち寄る勇者、気まま添乗員(笑)

思い出の旅もう一度行きたいなあと思うところ。

旅先で見つけた、「日頃のストレス話、何でも聞きます」

そんな手作りの看板に吸い寄せられてしまいました。

ここでリセットして日常に戻るときには、

ちゃんと前向いて元気な一歩が踏み出せそう。

元気充電していってくださいね。

 

1.ぶらっと一人で行きたくなる時

f:id:kotukotumajime:20210510103722j:plain

天気は良かったけど暑かった6月

20✖✖年、ちょうど会社の部署転勤の時期。

一人で尼寺にでも(できるわけないのに)こもりたい、

まさにそんな旅行でした。

 

支店長がわざわざ事業所まで来て打診してきた私の転勤劇は、

のんびりした事業所スタッフ全員を驚かせてしまいました。

 

「英語ができる人に支店に来てほしい」

 

おかしいな。

副業の子供英語教室は、

何年も前にフランチャイズからも独立して、

秘密裏にうまく運営できているし、

その話ではないだろうけれど。

 

履歴書を見てきた?

東京本部の会長からの一声で、人材不足に外国人を雇うから、

外国人対応準備室に向く人材を確保しろ、と指令があったそうな。

面白そうだと思った私は、

大阪本部にて会長社長室筆頭秘書さんに面談に呼ばれ、

緊張しながらも面接いたしました。

 

ですが、青写真のプロジェクトを見て、

明らかにこれは「見切り発車」。

いろんな商売をかじってきた経歴のカンが、

「こんな採算?絶対合わないぞ」とささやく。

巻き込まれたら、

 

平凡な会社生活はどうなるのでしょう。

 

いったん保留にさせてほしいと答えると、

話はそこで終わったみたいな雰囲気で。

まー、決定権なんて私にはないので。

気が抜けていました。

 

数か月後、この転勤劇です。

契約社員から正社員になっても、

給料は数万円下がるし、

事業所の人たちは「支店行きなんて大出世やん」

喜んでくれましたが、

 

正直、いったい私の能力の何を買ってもらえたのか、

さっぱりわからなかった。本音です。

 

月初めから支店出勤開始。

途中で引き継ぎのために

何回か事業所に行きます。

その間に私には、支店の中の決まり事で、

支店の組合関係、消防訓練参加、

なんだか本来の仕事とは違う役割が、

最初からオンパレードで課される不安なスタートだったのです。

 

幸い、たまりにたまった有給休暇が、

今なら取り放題。

 

仕事に煮詰まったら、旅に出ましょう。

もちろん温泉に。大地の力をもらいに。

 

平日の湯快リゾートなら、

送迎バスは一番前のほうに一人で2席くれる。

よし、旅に出るぞ。

というわけで(どういうわけだか笑)

行ったことのない三好屋へ申し込みました。

 

2.一人旅で考え事をしながら歩く

f:id:kotukotumajime:20210510112700j:plain

また廃墟を見つけてしまった汗

自分リセット旅行は一人が一番ですわな。

 

頭の回転グチャグチャでも、

景色の違うところを歩けば整理整頓できます。

セロトニンって、脳内物質の善玉さんが出るんでしたね。

ああ、もっといろんな意味で賢くなりたい。 

 

この日は暑くて、天気が良くて、いい汗をかきました。

荒湯の噴出口で温泉卵を作りたかったのですが、

噴出口、なんとなく煙が出ていません。

 

なんだろ?

温泉も調子悪い日があるのかな。

 

地元のお年寄りたちが、

川岸のベンチのあたりで、

ひそひそ、話しているのが聞こえました。

(この方々はひそひそのつもりなんですけど、

声大きい人たちなんですよね)

 

「こりゃ近いうちに天変地異がくるんでねえか」

 

そう、この次の日の朝に、

近畿地方は大阪を震源地とする地震が、

起きたのでした。

奈良や京都が震度4で、

会社の同僚たちが、出勤途中で、

JRの列車内に一時的に閉じ込められた状況になっていたのを、

覚えています。

 

いえいえ私は一人旅。

会社には「実家の墓参りで」言うてますので、

お土産買う気もなくて(ケチやなあ)、

平日の温泉町をうろうろ、

何回も同じ通りを抜けて、川岸に出たり、

歩くことを楽しんでおりました。

 

f:id:kotukotumajime:20210510142235j:plain


 

平日の特権は、

ほかに観光客がいないことです。

コロナ騒ぎの今は、土日祝問わず、

こういう感じでしょうね。

人通りがないことを見越して、

店が閉まっていることが多いのです。

 

かといって、

営業中の店には、一人では、入りにくくないですか?

私も、どうしようかなあと思いながら、

半日歩き回っていたのです。

 

3.「このドアをくぐる人は、勇者です」ゲームの中のダンジョンじゃなくて、古民家ですが。

www.yuzukitei.com

一度通り過ぎたときに、気になった路上看板。

お土産物屋さん風の、間口の広い古民家でした。

「日頃の悩み、ストレス、何でも聞きます」

「楽しいことも悲しいことも、人生のうち」 

手書きで太く太く書かれた、招き書き。 

 

おやつの時間だし、何か買おうかな。

 

引き戸をからからと開けて入りました。

年配のご婦人が二人、カッポウギ姿で登場。

 

「こんにちわ」声をかけて、

商品を見せていただいていたら、

最寄りの小さいテーブルに、

黒豆茶と小さいおやつを、「どこから来たの?」と、

無料で置いてくださいました。

 

そういうお心づけ、初めてです。

 

ありがたく、

カフェタイムのメニューを追加でお願いしました。

会社のこと、

必死に教えてきた英語教室の生徒たちのこと、

ぽつりぽつり、話を聞いていただいて、

気持ちが軽くなりました。

 

煮詰まることがあったら、

違う角度から物事を見るべきといいます。

他人の考えていることに振り回されていると、

自分が見えなくなるけれど、

こうして聞いてもらうことは、

 

実は聞いてくれる人たちの貴重な時間をもらって、

こうやって考える手助けをいただいているわけで。

旅先での出会いに感謝。

 

こういう場所、いいなあ。

 

また行きましょう。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良公園、興福寺界隈を歩く旅

気まま添乗員が小さい頃に育った場所、

奈良市北畑菩提町とは、

奈良公園興福寺界隈を指します。

さあ、自分旅行社の架空ツアーへようこそ。

本日日程表は以下の通りです(笑)

パソコン不調のため、

後日編集するところがありますが、

コロナ緊急宣言も含め、気にせずまいりましょう。

 

f:id:kotukotumajime:20210415211425j:plain

架空ウォーキング旅行ですよ


 

1  近鉄奈良駅からスタート。

JR奈良駅近辺に宿泊する皆様、

そこは観光案内所があったり、ホテルがたくさんあったり、

マックスバリュも地下にあったり、便利ですね。

 

なかでも自家天然温泉のある、

きれいで安いビジネスホテルは、よくお世話になります。

 

近所で食料買い出しをして部屋にこもり、

WiFiでアニメや映画を楽しむ。疲れたら温泉。

一人時間を充実させるの最高です。

 

そちらから10分くらい東に歩くと、

近鉄奈良駅

ここからスタートしましょう。

 

商店街側の出口には、噴水があります。

噴水のてっぺんに托鉢僧の銅像

行基さんという方です。

土木作業にも詳しい方で、

奈良のお寺建築や貯水池整備にもその名前が登場します。

 

この噴水は、もう半世紀以上、ここにありますね。

私が小さい頃から、奈良に来るとこの像がお出迎えしてくれます。

 

「もいちどの商店街」「東向商店街」を抜けて、

猿沢池方面に向かうゆるやかな坂道を上がりましょう。

商店街の中は、昔からある店と、

最近増えましたが、

可愛い雑貨を売り出す店とが混ざり合って、

いい感じに面白い街並みでしょ。

 

買物?では今のうちに、

きれいなファッションビルで、トイレを済ませてください。

 

公衆トイレの少ないエリアを散策しますから。

 

2 春日大社に向かう道。

f:id:kotukotumajime:20210508220637j:plain

奈良公園は広い芝生が自慢です
大文字という旅館の跡地

猿沢池を眼下に眺めながら進んだところに、

今はもう一般のコインパーキングになっている、

広大な土地があります。

 

大正時代にオープンした、大文字という旅館があったところです。

経営者の直系は代々女性で、創立者春日大社の氏子と言われています。

昭和中ごろに男性後継者が生まれましたが、

バブル期に贅沢をした彼のせいで、

平成の半ばにつぶれてしまいました。

気まま添乗員の、遠い親戚の話です。

 

歴代女性経営者の何人かは、

どういう遺伝なのかな?

風変わりな能力を持っていたようです。

私も子供の頃、女将さんから、

「ひとだま」を見たこと、

近所で亡くなった人が夜中に「あいさつに来た」のを見たこと、

旅館の古い灯ろうと大正時代に飾っていた鬼瓦が、

「おれたち先は短いなあ」と話す夢を見たことがあると聞きました。

 

私がタロットや夢見に関して少しばかり動けるのは、

この血筋のおかげなのでしょう。

 

猿沢池

大文字の裏手の通りからも出られる位置にある、

小さいカメたちのいる池です。

近くのもう一つの池と、

底でつながっているといわれる古い池で、

昭和の初めに身投げをする人がいたそうです。

 

バブル期には、夏祭りイベントが毎年行われて、

屋台とライトアップでにぎやかになり、

若者グループで踊りながら池の周囲を回るなど、

観光イベントがたくさんあったんですよ。

 

さんさくの石子詰め

f:id:kotukotumajime:20210508220613j:plain

今も昔も、シカは堂々と生きています。

猿沢池から裏道を入ってもいいし、

興福寺裏道から入ってもいいですが、

小さな土の山のようなところに昔は祠があったそうです。

地元の人は、「さんさくの石子詰め」と呼びます。 

 

春日大社使徒といわれ大切にされている鹿。

 

昔、手習い中の男の子が、

せっかく頑張って書いた書道の紙を、

鹿にたべられてしまいました。

男の子は腹を立てて、

文鎮という重い石を鹿に投げつけます。

鹿は、当たり所が悪く死んでしまいました。

 

神様の使いを殺した罪で、

男の子は生きたまま石の山に埋められてしまいます。

それが、「さんさくの石子詰め」の話。

 

今もそこに、鹿と男の子は眠っているそうです。

 

子供の頃はこの話、怖かったです。

その祠の前を通らずに向こうの荒池まで行く散歩コースを、

祖父母と歩いたものです。

 

今はきれいに整備されていて、

そんな雰囲気、まったくなさそうですが。

母親の小さい頃は、祠の格子戸に、

髪の毛を結ぶ人がたくさんいたそうで、

 

うわ~想像したくないですね。

3 一言観音さん

 

猿沢池とは反対側の石垣を登るような道、上ってみましょう。

まさにそこが興福寺の境内です。

五重の塔や宝物館がメインになります。

どうぞ、見てきてください。

 

その間、

気まま添乗員は、秘密のパワースポットに行ってきます。

 「ひとこと観音さん」が、すぐ近くにありますので。

霊験あらたかな観音さんです。

 

来るたびに一つだけ、

願い事をかなえてくださいます。

今日のお願いは、

「みんながニコニコ笑って生きていけるように」

お願いしてきますね。

 

お疲れさまでした。

のんびりしていい場所でしょう、奈良公園は。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

飛火野、ささやきの小道、小川の流れるエリアなどにも。

初夏の散策にはもってこいです。

こんなに面白い奈良公園 (とんぼの本)

こんなに面白い奈良公園 (とんぼの本)

 

 

 

 

 

 

 

 

気まま添乗員のひとりごと:子供に英語をならってほしいとき考えること

「子供の英語教育、いつから、どこで始めたらいい?」

「お試しに連れて行った塾で、年間数百万円も費用が掛かるって」

幼児・小学生の子供さんがいるお母さんたちの相談内容です。

中学生で英語の成績が悪いとなると、

もっと深刻。

 

コロナ禍で、外出を控えて部屋掃除をしていると、

気まま添乗員の英語教室日報(日記)が出てきました。

1.「いつ」ではなく「どのように」英語に接するのかが大事。

f:id:kotukotumajime:20210507213148j:plain

子供の人生の主人公は、子供本人です。

そういえば私も母親です(忘れてた)

子供の個性とタイミングを見極めるのは、

正直、ものすごく難しいですよね。

 

お子さんの普段の姿を想像してみてください。

 

お子さんは、本を読むのが好きですか。

走り回って動くおもちゃをさわるのが、好きですか。

テレビアニメならじっと見入っていますか。

絵をかくのが好きですか。

 

よくある質問、

「いつから始めたらいいのか」

何十人とお話してきました。

 

この相談の根っこは、違うところにあります。そうでしょ?

 

何が一番ご心配でしょうか。

「小学校の成績表に、英語が教科として存在するから」

「親自身が、英語が苦手で成績が悪かったから」

「うちの子供は覚えることに時間がかかるから」

だから早めに英語学習が重要。そういう結論ですよね。

 

将来英語が重要だと、親がきちんと子供と話しあえるとき。

 

正式な「いつ」は、このタイミングです。

 

2歳児クラスで始めたお母さんでも、いずれは、

小学校入学直前までには、

子供さんと「英語を早めに習うと得をする」確認をしてください。

 

今後どんな勉強をするにしても、

「これは自分に良いこと」「おもしろいこと」

「ワクワクすること」

親と話しあうことで自分自身で判断してくれるよう、

上手に子供さんをリードしてあげてください。

 

何人もの子供たちを見てきて、

ふと気づきます。

レッスン後に「ごほうび」を用意する親御さんがいますが、

 

先に親子の話しあいができているところは、

お子たちの中で価値観が育っているので、

無理に「ごほうび」内容で

つり上げる必要がありません。

 

「あ、ごほうびもらえた。ラッキー」

くらいのことです。

 

 

家庭学習、反復学習には親が関わるべき時期がある。

小学3年、4年くらいまでは、週に1回、

少なくともレッスン前に1回は、

ご家庭で一緒に音読したり歌ってみたり、

アルファベットや単語のカード並べなど、

ゲーム感覚のスピード競争におつきあいください。

 

親が苦手でもいいのです。

子供は、そういう親の姿でさえも、

自分で物事を考える材料にします。

頼もしいのです。

そして、

 

「かっこええなあ。親より出来てるやん」

メチャメチャほめてあげてください。

 

気まま添乗員の教室に良くかかる電話相談で、

「先生のところは叱らない教育をしていらっしゃいますか?」

というご質問をいただきます。

 

叱りますよ。動物園じゃないので。

預からせていただくのは、

世界に羽ばたく大事な人財、「人」です。

しかるべき時にはその場で叱り、

できたところは、ほめて伸ばしたいです。

 

前向きな自己肯定感を、周囲の大人で育ててあげたいです。

英語で自信がついたら、

 

他の教科にも、

将来の夢や目標のために前向きに取り組める人になれるって、

親も楽しみになりますよね。

 

2.1時間のレッスン料より、30分の集中力が大事。

f:id:kotukotumajime:20210507215634j:plain

 

「年間80万円」という英語塾もあります。

これは、実際に私の教室に相談に来られた親御さんのお話。

「幼稚園の帰りと小学校の帰りに、

週3日、週4日で通うことで、

英語が理解できるようになり、

話せるようになります」と。

有名な英語塾の、

カウンセラー兼営業マンからいわれたそうです。

 

教材費に数十万、レッスン料に数十万。

合わせて年間80万円。

 

で、数年通わせてみたら、

 

単語カードや短い会話は「発音」できるのに、

中学へ進んで筆記テストが始まり

文法や単語を「書く」ことが大嫌いになった

なんてことがあったそうです。

 

どこかの国の人たちみたいに、

話すことは出来ても文字が読めない、

書くことができないって。

日本の受験や資格のテストから、

遠のいているのは困ります。心配です。

 

大人の私たちでも英語学習に集中できるのは、

例えば私、気まま添乗員で最大2時間が限界です。

 

小さい年齢ほど、子供たちの集中力って、

短い子で20分、頑張る子なら50分、

それを超えると、勉強という作業には飽きてしまうようです。

 

講師としては、

レッスン時間めいっぱい、

学習の手伝いをしたいですが。

一般に子供の発達の都合上、

みんながみんなマニュアル通りには、集中できません。

「今日はここまで教える」範囲に進めたら、

それ以上の詰め込みはしたくないですし、

生徒のメンタルの負担にもなります。

 

早めにレッスン内容がクリアできた日は、

5分~10分なら早く帰宅してもらうこともあります。

 

親御さんの中には

「早く帰らせるとは何ごと。

余った時間にも親は料金支払っているのよ」

と苦情を出す人がいますが、

 

復習タイムを設けて残る生徒さんと、

早く帰ってアニメが見たい生徒さんとでは、

 

本人の「次にやりたいことの価値観」が違うのです。

早く帰って生活にメリハリをつけていた生徒が、

その後、海外の大学に留学していったりします。

 

「時間にお金を払う」のが方針の親御さんには申し訳ないですが、

子たちの集中力に投資する」ことをオススメしたいです。

その上で、親の目で見て適正な金額なら、お支払いください。

と、私は話してきました、17年間。

 

家庭でもできる手作り英語生活。

お部屋でアルファベットのマットを「発音」しながら並べたり、

色鉛筆にカラーの単語を付箋で巻いて、

その単語を読むくらいなら、

親御さんもいかがですか?

 

子たちと一緒に楽しんでみませんか。

 

ハナミズキを「ドッグウッド」、

細い通路を「キャットウォーク」、なんて、

 

中学生くらいになったら、

語呂合わせの面白さに興味を持ってもらえるかも。

 

そこにはいつも、

家庭の団らんや友達との会話があります。

「英語」も「日本語」も、言葉ですから、

 わかるところから身についてくれたらいいなあ。

 

その上で、細かい発音や文法は、

専門の先生に直してもらいましょう。

 

気まま添乗員のひとりごとですよ。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分旅行:タロットカードと語るとき

愛用はミニチュアのウエイト版78枚タロット。

手にしたのは、中学2年生の時。

占い歴だけで言うと30年以上になります。

友達や、職場の人たちや、英語教室時代の教え子たち、

実にたくさんの人たちを占って、

どのカードがどんな時に現れるのか、

少しは分かるようになってきました。

 

自分のことは、なかなか難しい。

 

1.最初の一歩

f:id:kotukotumajime:20210505161511j:plain

数十年でボロボロの箱

気まま添乗員の中学生時代。

当時流行っていた占いハウスに支払うと、

1回15分から30分、3000~3500円と小遣いにも苦しい金額。

しかも追加30分ごとに3000円、

今の時代の相場と変わらないですか。

 

その一回分で、カード1セット、

またはカード占い書1冊が買えることを知り、

自分でやってみよう、と。

 

今にして思えば、簡単に挑戦してしまったのです。

 

プロのかたは、カードと縁を結ぶというのですよね。

ところがいざ購入してみると、

占い方法に多様なスプレッド法がありまして。

どこの位置にあるカードが何を教えてくれるのか、

配置別の意味を覚えるの、時間がかかるのです。

 

カード78枚の一枚一枚にも意味があるので、

解説本がありますが、

全部のカードの意味を覚えるの、

英単語を覚えるより大変です。

(え、単語の方が簡単ですか)

 

最初は、2つのスプレッドだけマスターすることに専念して、

 

出て来たカードを読むのは、

相談者自身に解説本を渡して、

セルフでリーディングしてもらっていました。

 

なんて面倒くさがりだったんでしょう。

 

何しろ、1枚のカードにたくさんの意味があるので、

全部相談者本人に読んでもらって、

意味を選んでもらう方が、ラクかなあと、

中学生当時の私は、単純にそう考えたのでした。

 

一般に、

相談者というのは、ご自身からは、

すべての状況や核心的な質問を言いたくない方が多いのですね。

 

中学生の私は、たとえ相手が友達であっても、

深く踏み込んで聞くことは、

しませんでした。

こちらが何も言ってなくとも、

「あたってる」かどうかが分かるのは、

カード解説書を読んだ本人だけ。

 

不思議な事に、なぜか、

「占ってほしい」目的で、近づいてくる友達が増えました。

 

それが何を意味するのか、

気まま添乗員は理解できなくて、

怖くなって、受験勉強を理由に数か月、

カードを封印してしまったのです。

 

急に沈黙した私のことがお気に召さない集団は、

登校拒否のゲームセンター通いになるまで、

私を追い込もうとしましたが、

そんな低レベルのいじめに付き合うより、

ちゃんと勉強して、

「友達」と名のる集団と同じ高校にだけは、

行かなくて済みました。

 

2.高校、大学、友人の恋愛関係は超苦手だった。

f:id:kotukotumajime:20210505164831j:plain

彼らとは長いつきあいです

思春期の10代女子は、

恋愛に対する気持ちって、今も昔も変わりません。

 

カードは語ります。

 

あこがれだけで終わってしまう恋。

男女の考え方の違い、

追いかけられて困っている人、

追いかけたくなる人。

 

そして、努力する人。

 

報われる恋。

 

本当の恋は目の前のそれではないと、

カードは言い切っているのに、

当事者たちは納得せず、突き進んでいく恋。

 

人間模様は私の目の前で、どんどん展開します。

 

高校、大学時代は、

世界に出て仕事したいなと思っていた私。

目の前で展開する「コイバナ」には全く興味がなかったので、

相談者の友達の話は、どれもすぐには理解できなかったのです。

彼らは、聞きたいことしか聞いてくれません。

 

何か起こってから、「もう1回占って」

同じことを繰り返す人もいて、

対処の方法が未熟だった私は、

相談内容にも、カードの読み方にも、

振り回されていた時期があります。

 

あくまでもカードが話していることだけは、

当たろうが外れようが、

伝えます。

その先を考えるのは相談者自身なので、

カードに何でも決めてもらうのは、

おかしいなと学び始めていました。

 

 

3.職場の人間関係の中で。

f:id:kotukotumajime:20210505171317j:plain

忍耐。感謝。次は良い知らせが来る。

大卒で入社した会社の先輩たちと、

上司たちとの合同旅行に行ったとき。

先輩たちが一人一つ、

旅行前に何かイベントをというので、

何の気なしにタロットカードを持参しました。

 

若い女子社員たち、本物のタロットを見て大喜びです。

順番に、一人一人、何時間もかけて相談に乗っていたら、

 

一泊二日の旅行、一睡もしない徹夜旅行になっていました。

 

いわば、何回も占いの実践を徹夜でいたしました(笑)

気まま添乗員もその頃は20代、

体力ありましたねえ。

ただし、それ以降の社員旅行には、

占いは無しということでお願いしています。

 

同じ人を何回も、

同じ相談内容で占うことは、基本的にはしないからです。

 

それからは、本当にこの人を占いたいと思った時、

その人の話の中で、

本人が真剣に人生の岐路に立っていると感じた時、

占いが必要か、本人に聞くことにしています。

占いに100%は、無いと思います。

気付かなかったことや、

手助けになるアドバイスがもらえるのは、

誰の話を聞いてよいのかわからないときに、

ありがたいですよね。

 

それがタロットカードの役割。

 

のはずなのですが。

 

気まま添乗員自身に関しては、

自分が転職の岐路に立つとき、

転職の事すら考えてなかったときに、

カードが前もって警告してくれていた、

ということがよく起きます。

 

ある会社では、

思いつかなかった部署への転勤、

上司の突然の退職劇。

人間関係の水面下での、

知らぬ間に恐ろしい状況になっていく、

先の展望について。

何となく心配になって占うのですが、

カードが出た時は、

メッセージの内容を正確にキャッチできなかったりします。

 

あの時のカードはこういう意味だったのか、

なんて、あとのまつり~

 

自分のことは占ってもわからないタイプなのかなあ。

 

職場の人でも本当の意味で「すごい上司」、

いらっしゃいますよ。

こういっては誤解があるかもですが、

とても器がある尊敬する人たちです。

その人たちの占いをすると、ものすごくはっきりと、

そのかたの目指す未来や努力目標に、

カードが一生懸命に応えてくれるのです。

 

そういう時は、占っている私も楽しいですし、

カードも何だか楽しそうで、

どんどんメッセージを繰り出してくるので、

面白いです。

 

現在、

自分旅行社でこれはメニューに入れようかな、

と考えているのが、タロット占いなのですが。

 

どうしようかな。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 絶版かも知れませんが、参考書としては優秀です。↓

タロット大事典

タロット大事典

  • 作者:東条 真人
  • 発売日: 1994/09/01
  • メディア: 単行本