自分旅行社 気まま添乗員のひとりごと。

元気になりたい自分探しの旅。

いつかの怪奇録:第1話。一人旅にはお守り持参で。

暑い季節には、

怖いもの見たさの性分には、

こういうひんやりする話のほうが、

クーラー設定温度の分、電気代が助かるかもしれませんね。

そんなに怖くない話です(のつもり。私も怖いのは苦手)

が、夜中に見ている人はご注意を

f:id:kotukotumajime:20210703114109j:plain

京都市内のあるホテルにまつわる話。

わたしには、基本、

あの世の方と直接会う機会は、ありません。

(つまり、見えない)

 

ただ気配は、わかるので、いやだなと思えば、

その場所や、物品からは離れるようにしていますが、

避けられないニアミスがあるのです。苦笑。

 

どうやらお持ち帰りしたのは、男女の……

旅から帰宅後に見た、恐ろしい夢の内容を、

語ります。想像できるでしょうか。

 

中肉中背のサラリーマンと、

白いワンピースの大人びた女性。

京都駅前の古いホテルの屋上に、

曇り空を背にして二人が立っているのを、

 

私は、

駅前のバスロータリーから見上げている感じです。

 

男の人のネクタイの色柄、

女の人の長い黒髪が肩までの長さ、

二人が手をつないでじっと、無表情に、

京都タワーのある大通りを見下ろしているのを、

全て鮮やかに覚えています。

 

やがて二人は、そのまま、

こちらに向かって飛び降りようとするのですが、

つないだ手が離れて、

男性だけが飛び降りたんです。

 

夢の中ですが、

 

「どん!」

と、

おなかに響く振動が。

大通りに並んで駐車中の、

タクシーか自家用車の天井に、

落ちた躯体がぶつかった音なのです。

 

うわ!っと、思いました。

 

女性に目が行きました。

彼女は、男性が下りた先を、

かがんでのぞき込み、

自ら、引き続いて飛び降りました。

 

白いワンピースが、はためいていました。

 

もうそれ以上、見せてほしくなかった。

だから無理やり、目を覚ましました、私。

 

f:id:kotukotumajime:20210703132920j:plain

面識のない男女二人を、

自宅までお持ち帰りしてしまったようなんです。

でも私が鈍感で、

実体の姿を見ないものだから、

 

そういう形でしか、

アピールできなかったのでは。

 

近所あるある、「何か」の集まる土地。

この話はもともと、

以下の話で四条河原町へ買い物ツアーに出かけるつもりだったんです。

 

自分旅行社企画「会社でたまるストレス発散!」

行先:京都市内のオープンしたホテル

客層:観光、女子会、シニア夫婦など。

たまに、外国人観光客・ビジネス出張客。

安価:一人で3500円。じゃらんで気軽に予約。

施設:大浴場は別の場所からの運び湯(大阪の温泉から)

朝食:焼き立てパン提供、おいしい。

部屋:きれい、枕選べる。快眠グッズあり。

アメニティ:女性向け標準装備。

目的:雑貨屋、ブティック、文房具と本のメガショップ、

買い物、おいしいスイーツ食べ放題の店めぐり。

 

 

京都市の中心部は温泉がないのが残念ですが、

 

京都市内なら、買い物しすぎても、

旦那に「車で取りに来て~」が可能なので。

 

 

ホテルの土地は京都市内のいわゆる、

「裏寺」(うらでら)と地元で呼んでいるあたりです。

寺町通といっても、

市役所近辺から新京極通の西側の寺町では、ありません。

 

四条河原町付近の、新京極まで行かないあたり、 

(実際に歩けば、霊感のある人にはわかります)

ここは、

雑居ビルに占い師さんたちがたくさん店を出していたり、

平安京よりはるかに古い時代に創建された小さなお寺が、

ひしめいて、墓地まで管理していたり、

ま、そういうところです。

 

 中学時代の同級生がそのあたりのお寺のお子さんで、

遊びに行った彼の部屋、窓を開ければ~

 

見事な墓地。鬼太郎の世界でしょ(笑)

 

だから、今回、

オープンしたてのホテルチェーンに泊まるから、

妙な「大丈夫でしょ」感があったのかなあ。

普通のホテルですよ、

きれいだし、お客さんも多いし。

 

その隣の、公園が、

通りがかりの私には、

「こんなところに公園なんて、あったっけ?」

「すごく……なんだか、空気が、暗いなあ」と、

快晴の昼間に思ったぐらいで。

 

忘れていたのです。

 

そのホテルの隣の公園、

私の子供時代は、フェンスで覆われた空き地だったこと。 

 

f:id:kotukotumajime:20210703141953j:plain

そこは、中古ジーンズの店、

映画館、ほか、私の知っている数十年間だけでも、

いろいろな店が入れ代わり立ち代わり、 

建てられてはつぶれる、

そんな土地でした。

「あまり良い土地ではなさそうね」

「何か住み着いているのかしらね」なんて、

近所の大人が話していたの、

 

ほんっとに、忘れてました。

 

ホテルは快適だったし、

焼き立てパン最高だったし、

大浴場ものんびりできました。

f:id:kotukotumajime:20210703140200j:plain

 「お持ち帰り」事件は、

よくある話なのです。

当時、夕方に英語レッスンに来る生徒たちが、

 

「せんせい、教室の入り口に黒い人が座ってるー」

 

よくある話でした。

私は子供の勘が鋭いのは知っていましたが、

英語を教えるときには、

生徒の集中力をレッスンに集めたいので、

 

「あらそう?かまってあげる暇ないから、

他へ行ってくれって、言っておいてよ」

 

「わかったーいうとくわー」

とまあ、

生徒たちも適当なノリなので、

うちなんかについてきても、

我が家はみんな忙しくて、何のお構いもできないと

理解さえすれば、

「くろいひと」は、

モノの数日もすれば、 気配が消えてしまいます。

 

そういえばその後、変な夢は、見ていません。

よかった。

 

涼しくなりましたか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング